MENU

借金問題における債務整理の有効性

借金は当然、返済ができるつもりでしたわけですが、ところが事情で返済が難しくなることもあります。私の場合は会社の倒産でした。借金がない身だろうと困る事態の中、返済をしなければいけない現実に心底困りました。繋ぎでアルバイトを始めたものの、以前よりも収入が落ちてしまい借金の返済どころではありません。

 

しかし容赦なく来る督促状に息が詰まる毎日だったのです。そんな日々から救ってくれたのが債務整理の手続きでした。まさか自分が債務整理をすることになるとは思っていませんでしたから、最初は法律事務所に相談へ行くのも気が引けました。とは言え現実的に借金問題にカタを付けなければ将来の見通しも立ちません。そんな気持ちもあり相談する運びとなったのです。

 

債務整理といっても種類がありますが、結果的に法律家のすすめもあって行うことになったのが任意整理の手続きでした。一応は支払う能力はあったため、債権者と相談をしてもらい長期分割返済にも対応してもらうことができたのです。毎月の返済額についても減らしてもらえましたから、いくらかは楽になったと実感が持てました。

 

これから完済を目指さなければいけない段階ではあるものの、一応の見通しが立ったのはやはり嬉しいです。一人で悩んでいたらどんどん状況は悪化していたと思いますので、時には債務整理を積極的に考えることも必要なのかもしれません。

借金としたときに思ったこと

仕事をある事情でやめることになり、突然収入がなくなってしまったときには多少貯金はあったのですがこれからどうなるのだろうととても不安になりました。銀行のATMでお金を引き出すたびに貯金額がどんどんと減ってしまって、なるべく使わないようにしなければと思いつつも家賃や光熱費といった支払いで強制的に残高が少なくなっていきます。

 

その時に銀行のATMで借金をすることができるということを、お金をおろす前の案内で知ることができたのです。基本的にお金を借りるためにはある程度の収入があることが前提なのですが、銀行の場合は通帳にお金が残っていれば借金をすることが可能だったのです。

 

今まで借金をしたことはなかったのですが、もしもこのまま収入がない状態が続いてしまったらと不安な気持ちがあったので、借金ができるように銀行にATMから申し込みをしました。

 

申し込みはとても簡単でその場で借金をすることが可能になり、もしもの時にはお金を借りることができるようになって気持ち的にも非常に楽になることができました。幸いお金を借りなければならない事態にはならなかったのですが、もしもの時にお金を用意することができるのはとても安心できます。