デメリットが少ない任意整理

デメリットが少ない任意整理

借りたお金を法律に基づいて整理することを債務整理と言います。

 

債務整理の中には自己破産、個人再生、特別調停そして任意整理があります。
債務整理は全て個人で行うより、弁護士や司法書士等の専門家に依頼した方がスムーズです。

 

任意整理とは債権者に交渉し、利息や延滞金などをカットし、元金またはそれに近い金額で返済計画を仕切り直す事を言います。

 

仕切り直した返済額は最長5年で返済していくことが定められます。
また裁判所を通す必要がないので短い期間で整理できます。

 

さらに、法廷外利息の設定で払い過ぎた利息が戻ってくる過払い金請求と併用すれば、
返済金が少額になったりもしくは0円になる可能性も出てきます。

 

任意整理のメリットは債権者に専門家が交渉している間は返済が一切ストップになります。

 

さらに、電話や郵便での督促状も来なくなるので、精神的にとても楽になります。
債務者にとっては厳しい督促は安息を奪われ辛く苦しいものです。

 

デメリットとしては仕切り直した返済額を返している間の、最長5年間は新規のクレジットカードを作る事が出来ない事と、新たにローンが組めないという拘束があります。

 

デメリットはこれだけです。しかし、このデメリットも考えようによっては「借金を増やさない」「浪費癖を直す」と考えればメリットにもなりますね。
このようにデメリットが少ないのは大きなポイントになります。

 

専門家に依頼する際は、ホームページの口コミなどを見て、債務整理に特化している専門家を選ぶことをお勧めします。

借金返済がつらいと感じているのなら

借金をするときは、返済を少しずつしようと思う人も多いと思います。

 

しかし、実際にはなかなか減らないという人もおられるのではないでしょうか。
そのような時は司法書士に相談してみるのはいかがでしょう。

 

司法書士に借金の相談をしてみると、債権者と返済の方法や返済の額について交渉してくれます。

 

交渉した結果、今より返済しやすい条件での合意を成立することが可能となれば、返済が今より楽になります。このことを任意整理といいます。
利息制限法の上限金利を超える金利の会社の借り入れをしている場合は、過去に多く払いすぎている分の利息を計算します。

 

そして払いすぎた利息分を元本から減らし、借金全体を減らすことができます。

 

これによって返済が早く終わらせることが可能となります。これらの手続きは難しいのではと思われる方もいるでしょう。
しかし、裁判所は関わらないため手続きが比較的簡単です。手続きが完了すると、3年から5年での分割で返済が始まります。

 

ここまで聞くとメリットがたくさんあるように感じる人も多いと思います。

 

ただブラックリストに載りますので、借入が約5年間できないことを知っておきましょう。
また、利息をカットできるメリットは大きいですが、任意整理をしたからといって返済がなくなるわけではありません。

 

最近では任意整理に応じてくれる会社が少なくなってきているので、注意が必要です。

 

これらの内容を知った上でよく考えてから、行政書士に相談してみることをお勧めします。

任意整理はどんなものか

任意整理は、自己破産や民事再生などと違い、法的な整理方法ではありません。

 

文字通り任意で行われるものなんですが、最もよく利用される整理方法です。

 

これによって、法律で定められた金利の限度を超える高金利を要求している消費者金融などと取引していた場合、
これまでに払い過ぎた利息を充てて借金の金額を減らします。

 

さらに、これからの利息はカットして分割払いをするという交渉をすることも可能です。ほとんどのケースで利息をカットすることができます。

 

任意整理の手続きの流れに関しては、先ず司法書士の事務所へ相談に行きます。
事務所の人に、手続きの仕方やその費用、スケジュールなどについての説明を受けます。

 

次に、受任通知と呼ばれるものを金融機関に発送してもらいます。これにより借金の取り立てが止まります。

 

そして、様々な契約や交渉をしてもらいます。任意整理をするにあたり、裁判所は関与しません。
このため、自己破産のように裁判所に提出する書類などを用意する必要がないです。

 

また自由度が高いものですから、一部の借金だけを整理するということも可能です。

 

このようにメリットが多いですが、注意しなければならない点もあります。
まずは、自己破産や個人再生と比べて、借金を減額させる効果が低いです。

 

また、信用情報機関に事故情報、いわゆるブラックリストとして掲載されるため、7年程借り入れすることができなくなります。

 

その点を知っておきましょう。

お気に入りサイト

  • https://借金減らすナビ.jp/

    借金を減らす方法となると、倍以上に働いて返す、一攫千金を狙うといった考えに陥りがちですが、そんな簡単なものではありません。弁護士に相談する事が悩み解消につながります。